本文へスキップ

学びを培う教師コミュニティ研究会

海外での活動global activities

ハノイラウンドテーブル2019のご報告

 今年は5月19日(日)にベトナム・ハノイで初めてラウンドテーブルを開催しました。ハノイにある名古屋大学日本法教育研究センターで学びを培う教師コミュニティ研究会とハノイ日本語教育研究会の共催で行いました。当日は気温40度、体感温度50度といわれる暑さでしたが、これに負けないくらいに、参加者の方々のベトナムの日本語教育に対する熱い思いを感じました。参加者は大学の教員、研修や介護関係で日本語教育に関わる方、中等教育の教員、日本語学校の教員など様々で、日本人教師もベトナム人日本語教師も参加しました。そして、総勢24名が5つのテーブルに分かれ、日本語教育に関わるベトナム人教師と日本人教師の実践の声に丁寧に耳を傾け、語り合い、ともにふり返りました。
 初めての開催とはいえ、あっという間に予定の5時間になってしまうほど話し合いが盛り上がり、有益な時間を過ごしました。参加者からは「はじめてこのような会に参加して、とても新鮮でした」、「ふり返ることによって、気持ちのもやもやが吹っ飛ばされて、すっきりしました」、「人の話を聴くことは実に難しいと参加してわかりました」、「話し合いながら、学びが深まりました」という声がありました。
  日本語教師は日々実践をしています。自分の実践を他の人の前でふり返ることは、今まで気づかなかった自分に気づくだけでなく、ふり返ったことが同じように日本語教師をしている仲間にとっても共通認識となり、今後の実践の改善にもつながります。このようなともに学び合う場がベトナムでますます定着していくことを願っています。
  

ハノイでのラウンドテーブルのご案内

 下記の通り、ベトナム・ハノイでハノイ日本語教育研究会との共催でラウンドテーブルを開催します。詳細は、チラシをご参照ください。

 日 時:2019年5月19日(日)
     13:00~18:00 (18:30 ~懇親会)
 場 所: Nagoya University Education and Research
     Center for Japanese Law
     9F, A Building, Hanoi Law University,87 Nguyen Chi Thanh,
     Dong Da District, Ha Noi, Vietnam
 参加費:500円
 締め切り:4月27日(土)

上海ラウンドテーブル2018のご報告

 上海ラウンドテーブルは今年で3年目を迎えました。今年初めてラウンドテーブルに参加された方、リピーターの方を含め、総勢46名の方が参加してくださいました(参加者40名、運営者6名)。また、上海近郊だけでなく遠方から来てくださった方、日本やベトナムから参加してくださった方もいて、上海でのラウンドテーブルの広がりを感じました。
 参加者からは「実践を時間をかけて語ることで深まっていくことを感じた」、「このような機会がない。ここでは形にできないことを形にしている。このことは、参加してわかった」、「今まで意識していないことに気づいた」という声がありました。
 日本語教育にかかわる中国人、日本人が実践の声に丁寧に耳を傾け、語り合い、ともにふり返る中で多くの気づきや探求があったように思います。また、様々な経験や価値観を感じつつ熱気に満ちた5時間でもありました。今後、このようなコミュニティがますます広がっていくことを願っています。
 

上海ラウンドテーブル2018のご案内

華東師範大学外国語学院日本語学科と本研究会の共催で、上海でラウンドテーブルを下記の通り開催致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。詳細は、チラシをご参照ください。

日 時:2018年12月15日(土)9:30~14:30
場 所:華東師範大学 中北キャンパス
参加費:無料 
参加申し込み期限:12月8日(土)
  
  中国から参加される方用     日本から参加される方用

上海ラウンドテーブル2017のご報告

 2017年11月4日(土)に、 華東師範大学外国語学院日本語学科と本研究会の共催で、 華東師範大学中北キャンパスにてラウンドテーブルが開催されまし た。当日は、日本から7名のファシリテーターと2名の大学院生、 上海市内および近郊から27名の方が参加されました。去年、 参加された方のみならず、 関西や福井で開催されたラウンドテーブルに参加されたリピーター のご参加もありました。
 小さなグループに分かれて、長めの自己紹介を行いました。 その後、報告者から職場での実践のふり返りを丁寧に、寄り添って聴きました。 ラウンドテーブルを終えてから、報告者からは「 これまで自分の実践をじっくり語る機会がなかった。語ることで、 新たな気づきを得ることができた」「 今までの経験が日本語を教えることで活かされている」 という感想がありました。一方、聴き手からは「 ことばの力は生きる力になっている」、「 話し手の悩みを共有できた」、「集中して聴くことで、 いつもとは違う思考ができた」「報告を聞くことで、自分自身の 実践についてふり返ることができた」という感想がありました。
 懇親会では、みなさんそれぞれの近況などを語り合い、 よい情報交換の場となっておりました。
 今後も、細く長く続けていけることを願っております。
  

上海ラウンドテーブル2017のご案内

華東師範大学外国語学院日本語学科と本研究会の共催で、上海でラウンドテーブルを下記の通り開催致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。詳細は、チラシをご参照ください。

日 時:2017年11月4日(土)13:00~18:00
場 所:華東師範大学 中北キャンパス
参加費:無料 
参加申し込み期限:10月27日(金)
  
  中国から参加される方用     日本から参加される方用

上海ラウンドテーブルのご報告

2016年10月29日(土)に、華東師範大学外国語学院日本語学科と本研究会の共催で、華東師範大学中北キャンパスにてラウンドテーブルが開催され、上海市内のみならず近郊の日本語教育に携わる中国人や日本人の先生方が30名以上集いました。

当日は、まず本研究会のコーディネーターより、有名な教授法や考え方を学ぶのではなく、自らの実践を出発点とし、実践のプロセスを協働で省察する「ラウンドテーブル」における力量形成の意味について、約30分間のオリエンテーションがありました。その後、日本から参加したファシリテーターを中心にグループ毎に自己紹介をしたうえで、「じっくり・ゆっくり・たっぷり」をキーワードに、お互いの実践から学び合いました。

参加者からは、「得られた知見をこれからの授業に生かしたいと思います」、「初心を思い出し、自分の仕事が省察でき、今後も頑張ろうと思えるようになりました」というような感想が寄せられました。

企画者としても実践報告における真摯な取り組みから学ぶことが多く、エンパワーしていただいたと共に、今後、上海にてラウンドテーブルによる学び合いが継続していくことを願っています。

  

上海ラウンドテーブルのご案内

華東師範大学外国語学院日本語学科と本研究会の共催で、上海でラウンドテーブルを下記の通り開催致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。詳細は、チラシをご参照ください。

日 時:2016年10月29日(土)13:00~18:00
場 所:華東師範大学 中京キャンパス
参加費:無料 
参加申し込み期限:10月21日(金)
  
  中国から参加される方用     日本から参加される方用

ラウンドテーブル2015~北京~の報告

ラウンドテーブル2015~北京~「実践のプロセスを協働でふり返る-語る・聴くから省察へ-」が、2015年12月19日(土)に北京外国語大学・北京日本学研究センターにて開催されました。今回は、学びを培う教師コミュニティ研究会、北京日本学研究センター日本語教育コース、北京日本語教師会が共催し、各コーディネーターやファシリテーターがアイデアを出し合い、調整した上でラウンドテーブルを実施しました。

当日は、日本から6名、北京日本学研究センターから12名の院生、北京日本語教師会から20名の先生に参加いただきました。各グループ、日本でのものと北京でのものとそれぞれ一つずつ報告があり、北京日本学研究センター朱桂栄先生の「じっくり・ゆっくり・たっぷり」を合い言葉に、現在チャレンジしていること、直面している課題や困難、実践を継続していくなかで見えてきたことなどが時間をかけて丁寧に共有されました。

今回北京で活躍する若い先生方が多く参加・報告くださったこと、またこれから日本語教師を志している院生の参加もあったことからこのコミュニティが世代継承サイクルを持ちながら発展していく可能性を感じました。
北京でのラウンドテーブルを今後もぜひ継続していけたらと思っています。

 

ラウンドテーブル2015~北京~のご案内

12月19日(土)に、北京にてラウンドテーブルを開催します。詳細は添付のチラシをご参照ください。日本から参加することも可能です。

2014講演「成人学習論に基づく日本語教師の力量形成」

活動:中国日語教学研究会2014年大学日本語教育専門性発展研修会
主催:中国日語教学学会
日時:2014年11月22日
場所:華東師範大学・上海
講師:池田広子(目白大学)
内容:中国の拠点大学、国際交流基金が共催する大規模な教員研修であり、中国の大学の日本語現職教員を対象にしたもの。日中の日本語教師研修の現状、省察的実践と実践コミュニティの可能性等について実践と理論を中心に検討した。

2014 共同講演「日本語教師の学びとふり返りー日中の教育現場から 」

日時:2014年5月23日
主催:北京日本学研究センター日本学公開講座「シリーズ:日本語教育研究の新成果」
講師:池田広子(目白大学)・朱桂栄(北京外国語大学)
場所:北京外国語大学・北京日本学研究センター
内容:日中の日本語教育現場と日本語教師教育の歩みをふり返り、今後の教師研修に必要な協働型内省的研修の提案、省察的実践、成人学習論の考え方を検討した。

2013共同講演「批判的ふり返りからの学び―語り手・聴き手・ファシリテータ―」

日時:2013年2月23日(土曜)午前13:00~14:30
場所:北京外国語大学東院 北京日本学研究センター 405教室
講師:池田広子(目白大学)
   朱桂栄(北京外国語大学)

2012パネル発表「中国の英語教師研修からの学び 」

活動:「国際シンポジウム-日本研究の新展開」
主催:中国日語教学研究会(学会) 
日時:2012年12月1日
場所:北京外国語大学
発表者:朱桂栄(北京外国語大学)

2012研究発表「中国の日本語教師研修における実践の批判的ふり返り活動
                            -ファリテーターの学びの考察」

活動:「国際シンポジウム-日本研究の新展開」
主催:中国日語教学研究会(学会) 
日時:2012年12月1日
場所:北京外国語大学
発表者:池田広子(目白大学)

2012ワークショップ「教師の協働的ふり返り」

主催:北京外国語大学教師発展中心
日時:2012年11月23日
コーディネーター:朱桂栄(北京日本学研究センター)
内容:北京外国語大学の教師を対象に行った研修
参加者:北京外国語大学教師9人、地方大学の教師4人、大学院生3人。計16人。
活動の様子:活動を通して、教師が仕事上の悩みについて話し合い、価値観など深いレベルの交流もできた。批判的ふり返りは仕事を整理し、多くの角度から物事を考えて問題解決の方法を見つけることに効果的で、仕事のルーティン化を避けるにも意義があると認識された。

2012研究発表「中国人日本語教師研修における批判的ふり返りの試み」

活動:「2012年日本語教育と日本学研究国際シンポジウム」
主催:中国上海・同済大学
日時:2012年6月9日
発表者:朱桂栄(北京外国語大学)

2012ワークショップ「教師の成長を考えるー批判的ふり返りを通して」

活動:2012「日本語教育学研修会」
主催:北京日本文化センター・北京外国語大学北京日本学研究センター
日時:2012年4月5日
コーディネーター:朱桂栄(北京外国語大学)
内容:中国人日本語教師を対象に行った研修
参加者:中国人教師7人、大学院生5人。計12人。
参加者の感想:
「活動を通して、まず、気づいたのは批判的振り返りと個人の成長の関係です。振り返ってみると、自分は卒業して、教師になってから、心身的には余り成長しなかったと気づきました。それは自分自身に起こったことについて批判的振り返りをしなかったからだと痛感しました。ですから、同じ過ちを何回も犯した羽目になりました。次に、聴き手として、何かの役に立つために、話し手の話を真面目に聴き、頭を使ってよく考えるべきです。ただ、「ああ、そうか、そういうことがあったのか」といった嘆きだけではなく、話し手の本当に望んだことを思考して、適当にアドバイスするのは大事だと思います。そして、話し手に本当の自分をよりはっきり認識させるために、意識的に質問するのも期待されています」など

2012大学院授業の課外の取り組み

日時:2012年2月28日―3月1日
コーディネーター:朱桂栄(北京外国語大学)
参加者:大学院生5名(うち修士課程4名、博士課程1名)、中国人教師2名、計7名
内容:大学院生生活を批判的に振り返ること
工夫:ふり返りにたっぷり時間をかけた。
ふり返りのあとすぐ「ふり返りのふり返り」を行った。
学生の感想:「就是大家有很多相似的地方,所以说很多话题大家都有共鸣。所以,我第一是觉得很痛快,通过今天的倾诉吧,也让我对我目前都是无意识的东西,结果大家给我分析的,就让我找到一个核心吧。就是我是怎样的仕組み、我是怎么一步步走过来的。让我思路更加清晰了,所以说给我的触动还是很大的。」など
(日本語訳:みんな共通点がたくさんあって、多くの話題について共感を覚えた。だから、話した後、とてもすっきりした。今日の語りを通して、自分の中の無意識のものがみんなの話し合いを通して分かった。自分がどのような仕組みでどのような歩んできたのか分かった。これからについての考え方が一層明確になった。結果揺さぶりかけられたと思う。)

2011講演「専門家教育から見た日本語教師の力量形成―実践の理論と内省」

主催:北京日本語教師会
日時:2011年6月12日
講師:池田広子(目白大学)
場所:北京外国語大学北京日本学研究センター
内容:日本語教師の専門性とは何か、実践の理論や協働によるふり返りにはどのような意
味があるのかについて、実践例を基に紹介し、成人学習の観点から検討した。

2011ワークショップ「日本語教師の実践を協働でふり返る―語る・聴く・問いかける―」

主催:北京日本語教師会
日時:2011年6月12日
コーディネーター:池田広子(目白大学)・朱桂栄(北京外国語大学)
場所:北京外国語大学北京日本学研究センター
参加者:日本人教師9名、中国人大学院生8名、中国人教師1名、中国人社会人2名
    計20名
参加者からの感想:
「こうやって日々、授業に流されていくのかと改めて実感。教師会で定期的にこのようなWSを毎学期でも毎年でも設定しておくと日々のなかでもどのようなことをその日に語れるのか意識するようになり、普段の日々のなかでも自分を振り返るようになれると感じた。」
「聴く」ということの大切さを感じた。授業で、もっとクラスメートのことをじっくり聴くよう学生に指示を出そうと思った。さらに教師自身、授業外で学生の話をじっくり聴く機会をつくろうと考えた。」など
  

2011ワークショップ「教師の成長を考えるー批判的ふり返りを通して」

活動:2011「日本語教育学研修会」
主催:北京日本文化センター・北京外国語大学北京日本学研究センター
日時:2011年4月7日
コーディネーター:朱桂栄(北京外国語大学)
内容:中国人日本語教師を対象に行った研修
参加者:中国人教師10人、大学院生9人。計19人。
活動の様子:
1)成果
「聴く力を再認識した、ストレスが解消された、考えが整理された、問題解決の仕方を見つけた」などのコメントをいただいた。全員、また参加したいと述べた。
2)活動の困難点
○熟達した聴き手がいない→解決策:今後の活動を成功させるために、熟達した聴き手の参加が必要です。ない場合、事前に聴き手を訓練する必要があります。
○現実的には複数回の実施が難しい。→解決策:今回は、スケジュール上の都合で1回だけで終わった。今後、本当に興味のある先生を対象に、組織的に行う必要がある。
3)反省点
○未経験者がほとんどなので、今回は徹底的な批判的ふり返りとは言えないかもしれない。
○短い時間なので、一部の教師はまだ批判的ふり返りについて十分に理解していません。○話し合いの状況がグループによって異なる(一回だけ本当に足りない)。
○聴き手の力がまだ足りない。
4)組織側への刺激
当初、私が担当した講座だけ活動後ふり返りを書いてもらった。活動の日に、日本語教育専門家のSさんがふり返りを教師研修に導入する意義を実感し、自分の担当した講座についてもふり返りを書いてもらうことに決意した。実は、中国の先生がみな忙しくて、ふり返りの活動が参加者の負担になるのではないかとずっと心配して言えなかったそうです。今回、決意ができてよかったと思う。
  

2010ワークショップ「教師の成長を考えるーー批判的ふり返りを通して」

活動: 2010「日本語教育研究講座」
主催:北京日本文化センター・北京外国語大学北京日本学研究センター
日時:2010年3月26日
コーディネーター:朱桂栄(北京外国語大学) 
内容:中国人日本語教師を対象に行った研修


information

学びを培う教師
コミュニティ研究会


今後の活動情報を希望される方は、
下記にご連絡ください。
e-mail: manabireflectionあっとgmail.com

inserted by FC2 system